おじさん再受験医学生がとうとうお医者さんになった

脱サラおじさんがお医者さんになってからも奮闘する日々を気まぐれに書きます

これ(http://www.acls.jp/archive/course/course_pears2010.php)受講してきました。

小児の初期状態の評価・初期対応を学び2次評価・2次対応につなげて行くというもの

僕はBLSもACLSも過去に受講して居ます。

小児版BLSかと思ったのですがえらく違いました。

実技メインからディスカッションをより多く取り入れる方向に変わっているような気がします。

もちろんPEARSコースだけかとも思ったのですが,PALSインストの部長に聴いたところPALSもそんな方針らしい。

そうなのか。

まぁACLSだってBLSと実技上何が違うって除細動器とペーシングの設定したくらいだったもんな(って4年前だからあまり憶えていないけど)

BLSとACLSの最大の違いは何と言っても知識の深さで結果的にディスカッションの量が増えていた。

だからこのディスカッションを取り入れて行く仕組みが主流になるのは当然なのかもしれない。

と思ってみたり。

そしてPFCCSコース(http://ccpat.net/fccs_pfccs_fdm/pfccs/)に何と初回の応募で当選してしまったためにPALSコース受講が間に合わずに行くことになる。

・・・PEARSすっ飛ばそうとしたらBLSかPEARSがPALSには必須で受講が間に合わなかったというのが本音。PALSのためにPEARSを受けたようなもん・・・


PFCCSの受講にPALSは必須ではないものの,救命救急ありきというより
とりあえず凌いだらっていう評価や介入をも目的としている。
具体的に言えば呼吸器の設定をどうしようか,搬送しなきゃダメだろうかというシミュレーションも行うと言った感じ。
救急外来から運ばれてきてからってことだね。

PALSを全くみていないから分からないけど,自分の興味としてはPFCCSの方が楽しそうである,同じ2日間のコースという面では。
そしてAHA主催のコースは何でも高すぎるぞ!


ただ経験の浅いおじさんにはかなり予習が必要そう

こうして当直明け休みでちまちま勉強しているんだが,なにぶんボリューム満点であと1ヶ月はこの勉強に全てを捧げることになりそうです。 

これは医師になるとよく考えてしまう事ではあります。

大学病院にいると同級生とそのまま上がることが多いのであまり考える機会はないかもしれません。

一般病院,特に全国から上がってくる病院に行くと同期全員違う学校だったりしますね。

僕は上記タイトルについてはあまり関係ないという結論を持っています。

しかしながら学生時代により切磋琢磨する環境においていた方は知識がしっかりしているため手技やoff the job trainingを学ぶ余裕があり,成長が早いと思います。

僕も優秀な同期に晒され自分の無力を痛感する日々でした。

研修が始まる前から研修は始まっている

そう考えて学生生活を送るべきだと思います。 

再受験生は入学までにエネルギーを使い腐って行く人と超絶優秀な人に別れて行く傾向にあります。

若造に負けてたまるかと医学生時代も全力投球する覚悟があるか

思いの外大変な日々です

医師を目指すとは大変に重い事であったのだと今更ながら痛感しております。 

早いもので初期研修の期間を終えようとしています。
無事に終えられそうです。

国家試験合格後の2年間は国で義務付けられた研修を受けなければならない期間であります。

この2年間の過ごし方は千差万別であり

俗には
大学病院か市中病院か
と言われ続け
研究や高度専門の大学病院
手技や症例の市中病院
なんて時もあり

ブラックジャックによろしくも手伝い
大学ではこき使われ下働きばかりで・・・
という根拠のないデマが一般人レベルにまで浸透し
一方で市中病院が様々な魅力を形成して研修医を集めた結果

大学病院に空席がたくさんできる
なんて現象が起きておりました

大学の人材の抱え方がそれに追いつかず
地域の病院からスタッフを戻した結果
地域医療が崩壊した

なんてのが一般的な見解となっております

自体はそんな単純ではありません
人気のある大学病院はずっと人気があり
人気を取り戻した大学もたくさんあり

コミュニケーションが面倒臭い
新たな環境がストレスだ
そう考える研修医も結構いて

残留を選ぶ研修医も増えていますし

そもそもスタッフドクターがやる仕事を研修医ができるはずもなく
地域医療の崩壊の遠因になったとは管理人は考えづらいことと鼻で笑っております

まぁそんなことどうでもいいのですが
なぜこのようなことを研修終わりに書くかというと

専門医制度が大きく変わろうとしているからです

まだまだ本格稼働というわけにはいきませんが
ざっくりいうと
・国の息がかかった機構が専門医制度を牛耳る
・実質診療科ごとの医師数が制限される方向に動き出している
ことです

専門医制度は今までは民間団体による各学会(日本産科婦人科学会など)が学会認定の専門医として半ば勝手に認定していたもので資格上の制約はありませんでした

ところが専門医評価機構が発足し,彼らが認めた人間以外は専門医を名乗れなくなりつつあります
今までも学会の基準の名の下に設備やスタッフなどから専門医を取得できる施設が選定されていましたが
この新たな統括では,例えば
「宮崎県で小児科専門医を取りたければ宮崎大学医学部だけを認めましょう,そしてその人数は1学年5人とします」
などとなるわけです。
そうすると宮崎県で小児科医になりたい医師は(まぁかなり特殊な状況で,働くだけなら東京でとって宮崎で働けばいいんですけれど)セレクションにかかるわけです。

今までは施設の都合に問題なければ入りたい放題,研修したい放題だったのです。

ここに大学か市中病院かの話が入り込んできます。

専門医評価機構の意志としてはなんと,認定施設の多くは大学が中心となる予定なのです。

感覚的に専門を深めるのは大学においてというのは納得できます。

しかし大学の高度専門病院に人が集中するとそれこそ地域から後期研修医が全くいないことになりますし
市中の一般診療を深めたい後期研修医も居るはずです。

実際そういった中心となる施設から,研修目的で多くの市中病院に派遣されることになると思われますが,研修の本山は大学という流れを呼び戻すことになります。

これがいいか悪いかはまだまだこれから分かることです。
大学の先生や教授陣は歓迎しているところが多いと思います。
それほど大学の人事権は絶対の世界なのです。

研修医の多くがこの仕組みを学生のうちから理解しており
自然と納得をしております。

私も争うなどの姿勢はありませんが
医師の教育とはそれほど緻密に行われていくものなのです。

市中病院を巡って叩き上げてこられている先生も多くいらっしゃいますが
そういった先生は珍しい存在になっていくと思われます。

当の私は小児科医として市中病院でのキャリアを始めますが
大学の医局と全く関係が無いため
認定された施設であるものの,大学との繋がりをどうしようかなと思い始めているところです。

これを読まれた皆さまは何科の医師になりたいでしょうか

社会要請の大きい診療科を再受験生は選択するべきだと私は思います。

しかし医師という職業は今後,過剰になっていくと思われます。

体力も精神力も必要な仕事です。
ニーズも減っていくとなると相当な覚悟が必要です。

ただ,再受験してまでなろうとする気持ちがあるのであれば,十分目指すに足る仕事だとも思います。

辛いことも多いですが喜びも多いです。
気持ちがあるならば是非この世界にいらしてください。 

このページのトップヘ